福岡市東区JR千早駅西口から徒歩1分の別府歯科医院です。
(2007年5月まで西鉄香椎宮前駅近くにありました)
お口の中に関するコラムや情報などみなさんにお届けします。


ABOUT US


医療法人福和会 別府歯科医院
福岡市東区千早4丁目27-1  TEL:092-663-1118
ホームページ : http://beppu.or.jp/
診療時間 : 平日10:00~20:00  土日10:00~17:00
        (昼休み13:00~14:00)
休診日 : 祝祭日

icon45 公共機関をご利用の場合 icon47
JR鹿児島本線千早駅(西鉄千早駅)で下車
千早駅(西鉄千早駅)西口ロータリーを右手に進むと看板が見えます。

icon17 お車でお越しの場合 icon108
駐車場は千早駅の地下にあります。
詳しくはお電話でお問い合わせください。  icon29 092-663-1118





2009年11月04日

むし歯予防!?

お歯黒 って聞いたことありますか?
時代劇や漫画で歯が黒い女性を見かけることがありますよね。
あれが お歯黒です。icon53

お歯黒は奈良時代頃から始まり、
江戸時代には庶民の間でも広がっていたそうです。

どんな人がどんなタイミングでしていたか?
というのは、時代時代で異なるようですが、
江戸時代の女性達は婚期になると、
髪型を変えて、お歯黒を染めるのが普通だったみたいです。


さて、現代人のmochaから見ると
見た目があまり美しくないように見える このお歯黒…
実は 歯にいいことがわかっていますicon126



お歯黒は、五倍子粉(約六十%のタンニン含有)と
鉄漿水(酢酸第一鉄溶液)を材料に作られていました。
タンニン(渋柿の渋の成分)は、
歯や歯肉のたんぱく質を凝固・収斂させ、
細菌の侵襲から守る作用があります。
鉄漿水の主成分である第一鉄イオンには、
エナメル質の主体であるハイドロキシ・アパタイトを
強化して耐酸性を向上させる効果があります。
さらに未反応の第一鉄イオンは、
呼吸の酸素によって酸化され第二鉄イオンとなり、
未反応のタンニンと結合して
黒い耐溶性のタンニン酸第二鉄となって歯の表面をおおい、
細菌との接触を予防する効果があるのです。
(以上、日本歯科医師会HPより)

ちょっと眠気を誘われますが…
つまり現代の歯医者さんから見ても
理に適っていたっていうことのようですicon188

大正時代、北陸の農村部では
「お歯黒の女性には歯医者はいらない」
と言い伝えられていました。
お歯黒の歯にはむし歯や歯槽膿漏も少なく、
歯の痛みも起こりにくかったので
このような言い伝えが残ったのでしょう。

またお歯黒をする際には、
仕上がりをよくするために
事前に歯垢を取り除いてから染めていたそうです。
このこともむし歯予防に役立っていたのでしょうね。


だからってmochaはお歯黒したくありませんけどねicon10

医療法人 福和会 別府歯科医院 
福岡市東区千早4丁目27-1  TEL:092-663-1118




同じカテゴリー(その他)の記事画像
症例検討会
PMTCの効果
女性ホルモンと「口」の病気 ①
古代の景色
「口」の役割と病気
同じカテゴリー(その他)の記事
 症例検討会 (2010-09-27 10:21)
 PMTCの効果 (2010-02-04 11:49)
 春からスッキリ生活 (2010-02-02 19:30)
 女性ホルモンと「口」の病気 ① (2009-12-13 11:48)
 古代の景色 (2009-10-16 19:09)
 「口」の役割と病気 (2009-09-07 19:56)

Posted by ミキティ at 11:39│Comments(2)その他
この記事へのコメント
こんにちは。mochaさん。
本日のトピックのお歯黒。理にかなってますよね。昔の人の知恵には驚かされるばかりです。

実は本部長も小さい頃は乳歯が真っ黒でした。フッ素塗布で真っ黒になったのですが、嫌で嫌でしょうがなかった記憶が残っています。
その頃診てもらっていた歯医者さんが怖いのなんのって。子供の歯なんだから何したっていいだろみたいなこと言われて、おでこの上には探検隊みたいなライトがついた帽子をかぶって、白い帽子をかぶって、マスクつけて。。。恐怖しか記憶にありません。

お歯黒のように虫歯からは守ってくれるけど、見た目を気にする人にはちょっと無理な治療が、現代の歯科治療のかかれば、見た目もきれいで歯を虫歯から守ってくれる治療に進化しています。
「虫歯から守ってくれるんだから歯が黒くなるのもがまんしろっ!」なーんていう歯医者もいなくなってきました。
あれから20数年経ちますが、歯科治療の質も、歯医者さんの質も随分変わってきたように思います。

歯医者さんはこれからも患者さんの立場に立ち、改善の余地がある治療法をどんどん改良して一本でも多くの歯を救ってほしいものですね。未来はどんなことが可能になるのか楽しみです!
Posted by 本部長 at 2009年11月04日 14:30
たくさんのコメントありがとうございます☆
それはそれは怖かったでしょうね。
そして嫌な思い出ですね(>_<)
大人でも怖い歯医者だから
子供が怖くないはずないですもんね。
本部長さんの声を大切にしたいと思います。
Posted by mocha at 2009年11月06日 00:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。